買ってよかったもの

フードプロセッサー「ボンヌ」で料理の負担が楽になった!実際に使用した口コミやデメリットは?

フードプロセッサー、レコルト「ボンヌ」で料理の負担が楽になった!実際の口コミやレビューとメリット・デメリット

みじん切りが苦手な人手をあげてー!

はいはいはい!!めんどくさいもん!

あと、大根おろしも苦手です。

おろし金で大根をおろすと自分の指もおろされるタイプです。

松りさ
松りさ
1台で7役してくれるフードプロセッサー、レコルト「ボンヌ」を手に入れてからみじん切りなどの料理が苦じゃなくなったよ

この記事は、

  • レコルト「ボンヌ」を買おうか迷っている
  • 実際にボンヌを使った人の感想が知りたい
  • レコルト「ボンヌ」のメリットとデメリットを知りたい

以上の人に参考になる内容になっています。

松りさ
松りさ
みじん切りが苦手なら代わりに機械にやってもらえばいいじゃない

\私はホワイトを買いました/

レコルト「ボンヌ」ができることはなんと7つ

レコルト「ボンヌ」は1台で7役もこなすことができるフードプロセッサーです。

▼レコルト「ボンヌ」ができること▼

  1. 刻む
  2. 混ぜる
  3. 練る
  4. つぶす
  5. 砕く
  6. おろす
  7. 泡立てる

\ボンヌの主な構成パーツ/
レコルト「ボンヌ」のパーツ

レコルトボンヌのセット内容

「4枚刃ブレード」、「おろしプレート」と「泡立てプレート」の3つを使い分けることで、みじん切りのほかに大根おろしやメレンゲの泡立てだってできちゃいます。

レコルト「ボンヌ」のできること レコのルト「ボンヌ」のできること(おろしと泡立て)
松りさ
松りさ
小型のフードプロセッサーは氷が砕けないものも多いので、氷が砕けるという点が購入時の決め手でした!

レコルト「ボンヌ」の使い方は超かんたん

レコルト「ボンヌ」の使い方は超かんたん。

以下の4つの手順ですぐにできます。

  1. 食材を入れる
  2. カバーをする
  3. 本体をセットする
  4. 手で本体をおさえながらプッシュする

 

1.食材を入れる

レコルトボンヌの中に切ったニンジンを入れる
適当に切ったニンジンをいれてみたよ。

2.カバーをする

レコルトボンヌに食材を入れた後カバーをする
入れた食材の上からカバーをかぶせて…

3.本体をセットする

レコルトボンヌに食材を入れカバーをした後、本体をセットする
電源プラグがつながっている本体をセットするよ。

4.手で本体をおさえながらプッシュする

レコルトボンヌでニンジンをみじん切りしている

本体上の丸い部分を押すと、ブイーン!とちょっと大きめの音がします。
(写真を撮りながらプッシュしていたので本体を押さえていませんが、手を本体にそえてプッシュしたほうが安定します)

レコルトボンヌでみじん切りしたにんじん
できあがりです!
10秒ほど連続プッシュすれば十分細かいみじん切りができます。(写真は3回だけ短くプッシュしたあとです)

実際にレコルト「ボンヌ」で作ったもの(口コミ・レビュー)

実際にレコルト「ボンヌ」で作ったものを紹介します。

野菜のみじん切り

野菜のみじん切りはプッシュ時間が長いほど細かいみじん切りができます!

▼「プッシュしてすぐに離す」を3回だけ繰り返してできたニンジンのみじん切り
レコルト「ボンヌ」で作ったニンジンのみじん切り(3回プッシュ)
▼10秒間連続でプッシュし続けることでできたニンジンのみじん切り
レコルトボンヌで10秒でニンジンをみじん切りにした

▼10秒でこんな細かいみじん切りができることに感動!

松りさ
松りさ
ニンジンと玉ねぎのみじん切りが必要なオムレツを作るのに時短になりました

冷凍果物でスムージー

レコルト「ボンヌ」があれば、冷凍果物で濃くて冷たいスムージーができます!

レコルトボンヌでフルーツスムージーを作ろうとしている

▼我が家の冷凍果物スムージーのレシピ▼

  • 冷凍果物(バナナ1本、リンゴ半玉くらい。適当)
  • 牛乳200mL
  • 砂糖、大さじ1杯
  • 隠し味にポッカレモン数滴(写真に載せ忘れェ…)
レコルトボンヌでできたフルーツスムージー

子供たち(6歳息子と3歳娘)もこの冷凍果物のスムージーが大好き!

  • 冷凍果物さえあれば一瞬でできる
  • プッシュするだけなので子供も手伝える

飲みたいときに手軽に作れるので、スムージーはよく作ります。

かき氷

レコルト「ボンヌ」は氷を砕くことができるので、かき氷も作れちゃいます。

▼アイスキューブを4つほど入れて…
レコルトボンヌでかき氷を作ろうとしている
▼プッシュ!!
レコルトボンヌでかき氷を作るときは音がうるさい
ガリガリガリガリ!!!!
(氷の場合は大きな音がするのでちょっとびっくりします)
レコルトボンヌでできたかき氷
10秒ほどでかなり細かく砕くことができます。

レコルトボンヌでできたかき氷
かき氷用のシロップをかけてできあがり。

ふわふわのかき氷ではなく、昔ながらのシャリシャリ系のかき氷ができます。

松りさ
松りさ
子供にはこれくらいのクオリティで十分なので、夏はボンヌでよくかき氷を作ります!

\小さいのに氷や冷凍果物も粉砕可!/

メレンゲ

レコルト「ボンヌ」ではメレンゲも簡単に作れてしまうんです。

▼泡立てプレートに入れ替えて、白身だけをボンヌに入れます。
レコルトボンヌに白身のみを入れている

▼10秒ほどブイーンするだけで…
レコルトボンヌでメレンゲを作っている

▼フワッフワのメレンゲができました!
レコルトボンヌで作ったメレンゲ

▼卵1個分でこれくらいのメレンゲが完成!
レコルトボンヌで作ったメレンゲ

レコルト「ボンヌ」があれば、楽ちん&泡だて器がいりません。

まだ試していませんが、泡立てプレートではメレンゲのほかに生クリームも作ることができます。

レコルト「ボンヌ」があればお菓子作りが楽になること間違いなし!!

大根おろし

なんとレコルト「ボンヌ」は大根おろしもできちゃうんです。

▼大根おろし用のプレートに入れ替えて、切った大根を入れます
レコルトボンヌで大根おろしを作るコツ

▼スイッチを押すと…プレートのギザギザ部分で大根がおろされてる!おろされてる!!

▼音がしなくなったなーと思ったタイミングでレコルトの中身を確認すると…
レコルトボンヌで大根おろしを作った後

!!

あんなに大きかった大根が小さくなってる!!!

レコルトボンヌで大根おろしを作った

レコルトボンヌで作った大根おろしと残骸
レコルト「ボンヌ」のおかげで、10秒ほどで大根おろしがたくさんできました(ハート

松りさ
松りさ
大根おろしがたくさん必要なさばのおろし煮などの料理を作るときに便利

\大根おろしも作れる優れもの/

実際に使って感じたボンヌのメリットとデメリット

レコルト「ボンヌ」のメリット

レコルト「ボンヌ」の主なメリットは▼の3つです。

  1. 1台で7役こなせるので、専用の調理器具を買わなくて済む。
  2. 手入れが簡単
  3. 場所を取らない

 

1.1台で7役こなせるので専用の調理器具を買わなくて済む。

レコルト「ボンヌ」があれば、「刻む、混ぜる、練る、つぶす、砕く、おろす、泡立てる」が1台でできるので、用途に合わせた調理器具がいらなくなります。

例えば、

ボンヌでかき氷、大根おろし、メレンゲを作ることができるので、専用のかき氷機、おろし金、泡だて器などのハンドミキサーは不要です。

2.手入れが簡単

残念ながら、レコルト「ボンヌ」は食器洗浄乾燥機不可です。

食洗器不可か~残念…と思ってたけど、

ミンチなど、油分があるものを使ったとき以外、我が家では水洗いのみです。

▼野菜のみじん切りをしたらすぐに水で洗い流します。
レコルトボンヌは水洗いでOK

▼使った直後なら刃がついたブレードも水洗いだけでOKレコルトボンヌの刃も水洗いしています

▼刃がついたブレードは子供が触らないように、ボンヌの容器をかぶせて乾かしています。
レコルトボンヌは水洗いをして水切り籠で乾かしている

松りさ
松りさ
レコルト「ボンヌ」は洗うパーツも少なくてよきよき

3.場所を取らない

レコルト「ボンヌ」はコンパクトなので、そんなに収納スペースを取りません。

  • レコルト「ボンヌ」の大きさ
    …幅12.4×奥行11.7×高さ23.4cm
    (コード長:約1m)

▼我が家ではIHコンロ下の引き出し部分に収納しています。
レコルト「ボンヌ」の収納場所はIHコンロ下

松りさ
松りさ
次はみんなが気になるレコルト「ボンヌ」のデメリットについてです

レコルト「ボンヌ」のデメリット

レコルト「ボンヌ」のデメリットは▼の3つです。

  1. 1度に多くの食材を入れることはできない
  2. 大根おろしはコツがいる
  3. 野菜のみじん切りは細かくなりすぎることも

 

1.1度に多くの食材を入れることができない

レコルト「ボンヌ」の容量は500mLです。

例えば、スムージーは3~4人分くらいしか作れません。

おうちで大人数でパーティをしたい場合には、1度に多くは作れないことが現状です。

私の場合、家族だけで楽しめたら十分なので、困ったことはありません。

2.大根おろしはコツがいる

レコルト「ボンヌ」の口コミを調べると、出るわ出るわ、「大根おろしを作るのにはおすすめしません!」という文字…。

たしかに、大根おろしをスムーズに作れるようになるまでちょっと試行錯誤しました!

★大根おろしを作るコツ★

  1. 太めの大根を選ぶ
  2. ボンヌに入るくらいの幅(3~5センチくらい)で切る
  3. さらに4等分にする
  4. 大根のカーブしている部分を外側にして、おろしブレードの上に乗せる

▼以上の条件でボンヌにセットした大根がこちら
レコルトボンヌで大根おろしを作るコツ
ポイントは太めの大根を選ぶことと、大根のカーブしている部分を外側にセットすることです。

細めの大根や四角く切った大根だと、ボンヌの中でから回ってしまい、うまくおろすことができませんでした。

3.野菜のみじん切りは細かくなりすぎることも

野菜のみじん切りは10秒も連続でプッシュすると細かくなりすぎるので、3回短くプッシュするぐらいにしています。

レコルト「ボンヌ」で3回短くプッシュした時と10秒連続でプッシュした時の比較
ただ、3回短くプッシュすると、形にムラができてしまうので、気になる人はプッシュするたびに本体を振って中身を均等してからプッシュするといいでしょう。

松りさ
松りさ
私は特に気にならないので、野菜のみじん切りは3回短くプッシュして終了です!

\1万円もしないし買って損なし!/

レコルト「ボンヌ」で料理の負担を楽にしよう!

レコルト「ボンヌ」はこんな人におすすめ

レコルト「ボンヌ」は▼の人におすすめです。

▼レコルト「ボンヌ」がおすすめの人▼

  • 果物スムージーを毎日作りたい、健康志向の人
  • 離乳食や子供が喜ぶものを作りたい、子育て中の人
  • みじん切りとかは機械に任せたい、めんどうくさがりの人
  • 料理をできるだけ簡単にしたい、時間がない人
  • 1役しかこなせない道具は買いたくない、あまり物を増やしたくない人

レコルト「ボンヌ」があると、「料理のレパートリーが広がる」「料理のハードルがさがる」ので、料理が得意な人・不得意な人、どちらにもおすすめできるフードプロセッサーです。

松りさ
松りさ
レコルト「ボンヌ」で毎日の料理の負担を減らしませんか?

\楽天ならポイントが付くのでお得/

1週間の献立をスムーズに考える方法はこちら

1週間の献立をスムーズに考える方法
ワーママが習慣化している1週間の献立をスムーズに考える方法ワーママで帰宅時間が遅いと、毎回献立を考えている余裕はありません。私が実践している1週間分の献立をスムーズに考える方法を、スマホのメモ帳とGoogleカレンダーを使ったやり方で紹介しています。...

お気に入りのキッチングッズはこちら

お気に入りのキッチングッズ
子育て中ミニマリストが愛用しているキッチングッズ【台所公開】ミニマリスト思考に出会ってからは、キッチン用品は全てお気に入りものを選んでいます。その中でも特におすすめしたいものを紹介しています。...

お気に入りのキッチン収納グッズはこちら

お気に入りの収納グッズ
子育て中ミニマリストが愛用中のキッチン収納グッズ【台所チラ見せ】少しでも楽しく台所に立てるように、使いやすくてお気に入りの収納グッズをまとめました。生活感のない空間を目指して使用している収納グッズを厳選して選んでいます。...
↓ランキングに参加中^^ポチしてもらえると励みになります↓
にほんブログ村 子育てブログ 子育ての豆知識へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
     ▼愛用品はこちら▼

楽天roomバナー