着物

京都【華憧(Cadeau/かどう)】で変身舞妓体験!〜妊娠4ヶ月でも体験できた話〜

変身舞妓体験アイキャッチ

2015年11月頃、妊娠4ヶ月の頃に京都で舞妓体験をしたことがあります。

舞妓体験がしてみたい、けど京都の街中でよく見るなんちゃって舞妓さんにはなりたくない。

いかにも観光客が舞妓さんをやってます!」な雰囲気でやるのは苦手…

と思い、調べてみたら、素敵な写真を撮影してくださるお店、【華憧(Cadeau/かどう)】さんを発見!

↑見てくださいこのそっけないHP!

ただし、載っている体験舞妓さんの写真の美しいこと!

口コミがとっっても少ないのが気になるけど、思い切って体験を申し込んで見ることにしてみました。

この記事は

  • 舞妓体験がしてみたい
  • 舞妓体験ができるお店は多いけど、どこにするか悩んでいる
  • 口コミが少なすぎるお店、【華憧(Cadeau/かどう)】さんが気になる
  • 妊娠中の舞妓体験について

 

方におすすめの記事です。

白塗りですが顔出しした写真をのせてます^^

妊娠中の変身舞妓体験について

当時は上の息子を妊娠中でして、妊娠4ヶ月でした。

ちょうどつわりも治まってきたし、赤ちゃんが生まれて忙しくなる前にやりたいことをやっときたい。

変身舞妓体験をやるなら今しかない!

しんどいつわりが終わり、お腹のふくらみが目立ってくる前にやっとこう!

1人では心配だから、夫についてきてもらおう!

ということで、夫に付き添ってもらうことで、京都の【華憧(Cadeau/かどう)】で舞妓体験をやることに。

華憧に舞妓体験を申し込むときに、妊娠中であることを伝えると、快くOKしてくださったことを覚えています^^

知る人ぞ知る京都の変身舞妓体験のお店【華憧(Cadeau/かどう)】

華憧

華憧(かどう)はカメラマンの小針さんと奥様のご夫婦で運営されている舞妓変身体験のお店です。
本物の舞妓さんが身につけていた着物や帯、簪(かんざし)による本格的な舞妓さんを体験できます。

HPの情報が少なすぎて、行って体験するまでが不安でしたが、私はここで舞妓体験ができてよかったです!

現地に着くと、
昔の風情の町屋に溶け込むように「華憧」の暖簾がでています。

中は昔の日本家屋の間取りで、どこか懐かしい雰囲気の室内です。

そこには何匹か猫もいました^x^

カメラマンの小張さんは気さくな方で、これからの撮影の説明をしていただきました。

料金プラン

  • 舞妓支度一式:20,000円
  • 写真撮影プランではCD−Rデータ付き:7,000円

個人宅なのでクレジットカードよりも現金を用意した方が無難です。

私は写真撮影もお願いしたかったので、総額27,000円でした。

1日1組(舞妓s)限定なので、早めの予約がおすすめです。

持ち物

  • メイクオフ後の基礎化粧品(化粧水やクリーム等)
  • 化粧道具

白粉化粧を落とした後はすっぴんになってしまうので自分の化粧道具は必ずもっていきましょう!

白粉化粧

化粧を落とすといよいよ白粉(おしろい)化粧にとりかかります。

白粉化粧中

奥さまによって黙々と化粧が施されます。

かーなーり力を込めて白粉(おしろい)を塗っていくので顔がゆがみます。

化粧中も夫にデジカメで撮ってもらってましたが、白粉を塗るシーンは私の顔がひどすぎて(ブサイクすぎて…)撮らなかったくらいです。

舞妓さんの化粧

↑これは小針さんの撮影による化粧中の写真^^

当時の私の髪は肩より長いくらいの長さだったので、半カツラで日本髪を作りました。

舞妓さんの化粧

↑夫にカツラ記録用に撮ってもらいました。

華憧さんの化粧は素顔を活かしているのが特徴

舞妓さんの化粧

↑こちらも小針さん撮影。

奥さまの技術がすばらしく、素顔を活かした化粧をされるのが特徴です。

このころ、普段の化粧はつけまつげをしていたのですが、白粉を塗った顔ではつけまつげはいらないと感じました。

舞妓さんの衣装の着付け

奥さまと小針さんのお2人で着付けが始まります。

衣装は本物の舞妓さんが着ていたものから選べます!

着物はどれも安っぽくなく、絹なのでどれもずっしりと重い。

かんざしも本物の舞妓さんが使っていたものとのこと。

妊娠中なこともあって、帯の締め具合など確認していただきながらの着付けでした。

変身舞妓
↑着付け後の写真。

着物、半襟、簪(かんざし)は選べますが数は少ないので、そこだけ注意です!

いよいよ撮影!

当日は雨だったので、華憧のお店の中での撮影、番傘を持って最寄りの神社での撮影になりました。

暖簾をくぐる舞妓さん
↑出かける前に華憧さんの玄関で撮影したもの

神社へは車で移動します。

人気のないところを撮影場所に選んでくれているので、観光客に囲まれたりすることはありませんでした。

お寺と舞妓さん 変身舞妓体験

途中妊娠中のためか貧血になってしまい、休憩を取りつつの撮影になりました。

番傘をさした舞妓さん
あいにくの雨でしたが、普段持てない番傘を持てたのでラッキーだったかと。

私の体調を気づかってか、最後はお店に戻り、室内での撮影になりました。

座った舞妓さん
↑華憧店内にて撮影した写真。

華憧さんの部屋にはこのような桐ダンスがたくさんありました。

一体中にはどれだけの着物が収納されているのでしょう。

撮影終了

着物を脱いで化粧を落とします。
髪にも鬢付け油がついているので、化粧落としには時間がかかりました。

着替えも済んで一休みをしているうちに、今日撮影した写真を焼いたCD−Rが出来上がりました。

確かお昼過ぎから撮影を始めて、終わったのは夕方だったと思います。

じっくり撮影してもらうためにも、時間の余裕は持っておいた方がいいです^^

妊娠中の変身舞妓体験で注意すること

妊娠中は体調変化が激しいので、次のことに注意してました。

  • 電話で予約時に「妊娠中である」ことを必ず伝える
  • つわりがなく体調が良い日を選ぶ(私の場合はつわりが終わった妊娠4ヶ月ごろでした)
  • 当日体調が悪くなったら早めにキャンセルの連絡をする
  • 衣装の着付け時(特に帯)も苦しくないように配慮してもらう
  • 舞妓体験中も体調が悪くなったらすぐに周囲の人に伝える
  • 夫など、付き添いの人も一緒に来てもらう(1人で参加しない)

 

とはいえ、妊娠中はトラブルがつきものなので、少しでも様子が変と感じたら中止をしましょう!

本物の舞妓さんを体験したいなら【華憧(Cadeau/かどう)】さんがおすすめ

一般人と舞妓さん
最後に、1日私の変身舞妓体験を付き合ってくれた夫との写真です。

華憧さんでなければ、京都の町屋の雰囲気を感じた舞妓体験はできなかったでしょう。

なにより、カメラマンの小針さんがとても気さくに話しかけてくれるので、着付け中も撮影中もずっと楽しかったことを覚えています。

妊娠中だったので、体調のこともずっと気遣っていただき助かりました。

【華憧(Cadeau/かどう)】さんの変身舞妓体験は、

  • 京都の町屋の雰囲気を感じながら体験したい
  • 自分に似合う白粉化粧をしてほしい
  • じっくりと時間をかけて撮影してほしい
  • 観光客がたくさんいるところでの体験は嫌

 

    という方におすすめです。

今度は今1歳の娘が大きくなったら一緒に体験したいと思います。

そのときは私は芸妓さんの衣装が着たいな

↓京都 変身舞妓体験 【華憧(Cadeau/かどう)】さんHP

↓着物でお宮参りをするときの母乳対策についての記事はこちら

着物を着たお宮参りの記念写真
【お宮参りは着物で行きたい!】授乳はどうする?着物を汚さないための工夫を紹介します私は2018年10月に第2子である長女を無事出産しました。 お宮参りは生後一ヶ月ごろに行うので、実際我が家では12月の初めごろに参拝し...
↓ランキングに参加中^^ポチしてもらえると励みになります↓
にほんブログ村 子育てブログ 子育ての豆知識へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
     ▼愛用品はこちら▼

楽天roomバナー